気に入った部屋はあるけれど、内覧できない そんな時は・・・

お部屋探しをする時に、部屋の中を見て選ぶ、というのが当たり前だと思っていませんか。

一般的にはそうなのですが、学生のお部屋探しの場合は、少し状況が異なります。

実は多い、見ずに決めないといけないお部屋。

失敗しない為にはどうやって選べばいいか、どういう所をチェックするべきか、ポイントを押さえてより良いお部屋を選んで下さい

 

1、そもそも何故内覧できない部屋があるのか

2、見られないと何が不安なのか

3、不安を解消する為に ~まずはスタッフに尋ねる~

4、不安を解消する為に ~現地ではここをチェック~

5、広さがわからない

6、部屋の雰囲気はあなた次第

7、こんな物件は要注意

 

 1、そもそも何故内覧できない部屋があるのか

大学周辺の学生向け物件は、よほど人気の無いところでなければ、全室入居中という事が非常に多いのです。

時々、近所の県に実家があるから、という理由で4年生の途中で実家に帰る方がいるくらいです。

全室住んでいるのに何故募集しているかと言うと、卒業される方のお部屋が募集されているのです。

今度の3月卒業して4月から就職。

でもまだ卒業式もあるし、時々大学に行く用事もあるし、友達とも会いたいし、という様な理由でまだ引っ越す事はできないのですが、もう出て行く事は決定している、というお部屋が、募集中であるけれども見られないお部屋なのです。

 

2、見られないと何が不安なのか

中を見ないと決められない、見られないお部屋は選ばない、見られるお部屋を紹介してほしい。

当然のご要望だと思います。

数百円、数千円のものならともかく、月に数万円かかるものですし、大学生の場合は初めて親元を離れて一人で住む所です。

不安は少しでも解消しておきたいものです。

では、その解消すべき不安とはどのようなものでしょうか。

広さ、日当たり、設備、綺麗かどうか、周辺環境はどうか、といったところではないでしょうか。

これらは本当に中を見ないと払拭できない不安かと言うと、ほとんどはそうでもないのです。

 

3、不安を解消する為に ~まずはスタッフに尋ねる~

不安に思うことは、まず目の前のスタッフに尋ねましょう。

資料や写真を提示しながらきっと疑問に答えてくれるはずです。

できるだけたくさんの写真を見せてもらいましょう。

最近では360度カメラで撮影し、パソコンやスマホで室内を見渡せるものもありますので、よく見ておきましょう。

見て分からない事は、スタッフに聞いて下さい。

もし目の前のスタッフが答えられない事があっても、周囲にいるスタッフの誰かは答えられる事がほとんどです。

より精度の高い答えが期待できるのは、その不動産屋さんが自社で管理している物件です。

その会社が管理している物件であれば、社員は入居後のサポートもしていますので、過去相談のあった事例や入居中の住み心地などプラス面もマイナス面もよく把握しています。

ここでプラス面しか言ってくれないという場合は注意しましょう。良い紹介者であれば、室内が見られない場合ほど注意を払って紹介しますので、マイナス面にも必ず触れてくれるはずです。

アルバイトを雇ってお部屋の紹介業務をしている不動産屋さんもありますが、それでは良い答えは期待できません。

プロが責任を持って紹介している会社で、その会社が管理しているお部屋を選ぶのが安心です。

 

4、不安を解消する為に ~現地ではここをチェック~

一通り説明を聞いたら、次は現地確認です。

まずは共用部分の手入れはきちんとされているかを見ましょう。

マンションオーナーがどれくらいそのマンションに手を掛けて大切にしているかがよくわかります。

マンションを大切にしていないという事は、入居者も大切に思っていない、という事です。

これでは、設備トラブル等の対応も期待できません。

次に物件内の部屋の位置をチェックしましょう。

窓の外はどうですか。

向かいに背の高い建物がありませんか。

とにかく明るい部屋がいいという人は、方角も大切ですが、建物が窓に被っていないか見ておきましょう。

北向きでも向かいに建物がなければかなり明るいものです。逆に南向きでも、背の高い建物が向かいにあって暗い、という事はよくあります。

階段の昇りやすさも大切です。エレベーターを希望する人もいますが、女性の場合は階段推奨です。見知らぬ男性と狭いエレベーターで一緒になるのは不安なものです。しんどくても可能な限り階段を使うのがおすすめです。

 

5、広さが分からない

6帖(6畳)とか18㎡とか見てもどれ位広いのか狭いのかよく分かりませんよね。

まず帖という漢字ですが、畳の間違いじゃないの?とお思いの方もいらっしゃると思いますが、不動産業界では慣例として畳ではなく帖をつかいます。

本来帖という単位は、昔の折本や屏風、お坊さんの袈裟などを数える単位なのですが、洋室の広さを表すのに畳では不適当と考えたからなのか帖という漢字を変わりに使っているのです。

さてこの1帖(1畳)の大きさですが、文字通り「畳1枚分の大きさ」です。ところが、この畳1枚というのがくせもなのです。

ご存知の方もいらっしゃるかと思いますが、畳には色々なサイズがあるのです。一番小さいサイズは団地間、次が江戸間、中京間、京間(本間)、という感じです。(実際はもっと間に色々ありますし、さらに大きな昔間というサイズもあります)

一番小さい団地間が1.445㎡、一番大きい京間が1.824㎡と1.26倍も違うのです。団地間の5畳と京間の4畳であれば、京間の4畳の方が少し大きいというくらいに違います。

これでは選ぶ人が不利益をこうむる可能性が有ると言う事で、公正取引委員会により1.62㎡以上を1帖と決められました。

一般的にはもう少し大きな1.65㎡で計算されている事が多いです。

ですので、6帖であれば1.65×6=9.9という事で、約10㎡です。

細長い部屋の場合は2.5m×4m、正方形に近い場合は3m×3.3mといったところでしょうか。

よくやりがちな失敗は実家の部屋と比べる事です。今が8帖で手狭なので、6帖では無理かな、というのは早計です。

実家にあるものを全て持ってくる訳ではありませんし、なんならベッドなども一人暮らし用にコンパクトなものを用意しなおす方がほとんどだと思います。(ベッドなどを持ってくると、実家に帰った時に、寝るところが無くなりますしね)

一人暮らしで用意するものと言えば、ベッド、テーブル、小物棚、テレビ、冷蔵庫、電子レンジ、炊飯器くらいでしょうか。勉強机を持ってくる場合は、机と椅子も加わりますが、最近はローテーブルで食事、勉強など兼用させる方が多いようです。

これくらいのものであれば、6帖でも十分に収まります。でも、ソファーなど置きたいという場合でも、サイズに気を使う必要はありありますが、可能ですね。

 

ブログ間取り2.jpg

6帖のレイアウト例です。実際は縦長だったりしますので、この通りとは行かない場合もありますが、おおよその感じは掴んでいただけるかと思います。

ざっくり言うと一人暮らしの場合、6帖はちょっと小さめ、7帖はちょっと広め、8帖以上は広い部屋という感じです。

もちろん広いほうが高くなりますので、どれくらいの広さが必要なのか事前に良く考えておくことが必要です。

 

6、部屋の雰囲気はあなた次第

ここまで読んだあなたでも、室内の雰囲気は中を見てみないとわからないし・・・、とまだ不安を拭いきれないところがあると思います。

お部屋の雰囲気は、部屋の明るさ、色合いで大きく変わります。そして、それらはお住まいになる方次第である程度どうにでもなります。

明るい部屋が好きな人は、白いラグマットをひきましょう。濃い色の床材だった場合には大きく雰囲気が変わるので驚くと思います。落ち着いた雰囲気が言い方は黒やグレーのものがいいかもしれません。

カーテンも部屋の雰囲気を大きく変えてくれますし、ベッドカバー、テーブルの色、どのような照明にするか、部屋の雰囲気を変えてくれる要素は沢山あります。

部屋はただの箱ですので、お住まいになる方で自分の色を出しつつ楽しんで暮らしてください。

 

7、こんな物件は要注意

周辺相場より安いな、というお部屋は要注意です。

何かしら致命的なマイナス要素が隠れている事がほとんどです。

よくあるのは、日当たりが極端に悪い、その部屋だけ設備が他の部屋と違う(設備のグレードが落ちる)、過去に隣人とトラブルがあった、などです。

ここでも、プラス面ばかり言う業者はマイナス面を中々説明してくれません。マイナス面もきちんと説明してくれる業者を見極めることが大切です。

 

8、まとめ

室内の使い勝手、設備等は工夫や慣れでどうにかなる事がほとんどです。

入居者の方の話を聞いていると、立地や周辺環境など、後からではどうにもならない要素を重視するほうが、後々満足度は高いようです。

室内を見られるに越した事はありませんが、室内を見たが為に、小奇麗な室内が魅力に見えて本来重視していた条件を曲げて選んで後で後悔するというのもよくあるパターンです。

分からない事や不安な事は相談しながら進めて下さい。

学生ハウジングも学生のお部屋探しを全力でサポートします。

お気軽にご相談下さい。

 

学生ハウジング 御所西烏丸店

営業時間 9:30~17:30

定休日 10月水曜、木曜 11月以降水曜のみ(土日祝も営業)

TEL 075-417-3215 FAX 075-451-0808

ラジオネーム アカンベーダー

| ブログトップへ |