自炊のススメ ~無理なく続けるコツ~

大学へ進学して初めての一人暮らし、今までの生活とは色々変わります。

中でも食生活は大きく変わります。

忙しい大学生活の中で、自炊した方がいいのかな、と思っていてもついついコンビニでお弁当を買ったり、外食で済ませたりという人もいるかと思います。

最初チャレンジしたけど挫折したという人、いままで一度も料理をした事がないので自炊なんて考えられないという人、これを読んで是非チャレンジしてみてください!

 

1、レシピを入手しよう

2、料理初心者でも大丈夫?

3、疲れて気力がない時は・・・

4、本当に自炊ってお得なの?

5、外食しちゃ駄目なの?

6、自炊最大の敵は?

 

1、レシピを入手しよう

既に沢山のレシピが頭の中にある人はそれでいいのですが、これを読もうという人の大半はそうではないかと思います。

母親に聞いたり、ネットで調べたり、といった手段ももちろん有効ですが、私は本屋さんに行って、気に入った料理本を1冊買うのをオススメします。

ネットや人に聞く場合、どうしても自分の頭に浮かんだ料理だけになってしまい、発展性に乏しいのですが、料理本の場合、パラパラと眺めているうちに他の料理にも興味が沸いてきたりして、意欲を継続しやすいのです。

ちなみに私が初めて買った料理本は、なぜかこれでした。(私は男ですが・・)

「大竹まこと 料理本」の画像検索結果

もう売ってないかと思っていましたが、電子書籍のKindle版になってまだ売ってるみたいです。

https://amzn.to/2OdgotZ

料理をする時の使い勝手で言えば本当は紙の本がいいのですが。

こんな表紙ですけれど、オススメです。

 

2、料理初心者でも大丈夫?

大丈夫です。

レシピを手に入れたら、あとは実行あるのみです。

食べたい料理を選んで、書いてある食材を買ってきましょう。

最初は出来るだけシンプルなものがいいのですが、どうしても食べたい料理があるならそれを優先しましょう。

手際良く、とはいかないまでも、おいしく食べられるものが出来るはずです。

最初は出来るだけレシピ通り作りましょう。料理に関しては、女性は大さじ小さじなどの分量が適当で、食材も勝手に好きな食材に変更したりするけれども、男性は書いてある通りに、数グラムまで計って、手元にあるなら入れた方がいいですよというものも調達してまで入れようとする、という事がよく言われます。

継続する、という観点で言えば女性の方がいい感じですが、調理途中の調節が裏目に出ることもよくあります。一度目はレシピ通りに作ってみて、二度目以降に自分の好みに調節しましょう。

ある程度作りなれてきたら、テレビの料理番組のマネをするのもオススメです。いいな、と思ったらすぐにメモして、次の日に作ってみましょう。ちょっとしたコツや手際などは時間が経つと忘れてしまいます。このちょっとした事が、美味しさにつながっているんですね。

 

3、疲れて気力がない時は・・・

手を抜きましょう。

ご飯だけ炊いて、おかずはスーパーでお惣菜でも買いましょう。

ご飯を炊くのも無理、という日なら外食なりコンビニ弁当を利用するのもいいでしょう。

無理をしないのが、長く続けるコツです。

2~3週間も自炊を続けていると、手早く美味しく作れる得意料理が出来てきます。

そこまでいけば余裕が出てきますので、まずはそこを目指しましょう。

 

4、本当に自炊ってお得なの?

これは人によって違います。

食材にこだわって作ると、やはり高くつきます。

ハンバーグを作るのに、その時だけしか使わないクローブを買ってきたり、牛肉を買うのでも高い和牛を買ってみたり。

特に男性にこのパターンが多く見られます。

こだわり過ぎるのも長続きしません。

近所のスーパーで調達できるもので作る、珍しい食材はなるべく余らせないように、など気をつけましょう。

重複して食材を買ってしまい、使い切れずに腐らせてしまうのも良くあることです。

買い物に行った先で安かったから、と衝動買いするのではなく、作る予定の食材だけを買いましょう。

冷蔵庫の中に食材を余らせないようにするのが、無駄がなく、節約にもつながります。

冷蔵庫の中は常に空っぽに。

 

5、外食しちゃ駄目なの?

外食、大いに良しです。

作る時間がない時や疲れている時もそうですが、友達とご飯を食べに行ったり、美味しそうなお店を見つけたり、外食の機会は沢山あります。

色々な物を食べる事は、自分を豊かにしますし、友達と一緒にする食事はまた格別です。

ただ、外食ばかりですと食費もかさみますので、そこは節度を保つ事が大切です。

自分でも今度作ってみようとか、自分で作った方が美味しかったとか、自炊をするモチベーションのアップにもつながります。

外食をする時は、大いに楽しんで食事をしましょう。

 

6、自炊最大の敵は?

自炊をするにあたって、料理をした事がない、というのも大きなハードルですが、継続するという事に関して言うと、一番の敵は「片付け」です。

作る時は勢いがあるのですが、食べ終わってホッとしてる時に、片付けは思っている以上に気乗りしないものです。

片付けないまま、キッチンが散らかり汚れ、そして料理から遠ざかる、というのが良くあるパターンです。

これに陥らない為には、作りながら片付ける、片付けながら作る、という事に尽きます。

フライパンで炒め物をした、皿に盛り付けた、そしたらすぐにフライパンを洗ってしまいましょう。

鍋も使い終わったら即洗う。

ボール、お玉、菜ばし、まな板、包丁、全て使い終わったら洗って片付ける。

作っている最中はまだ勢いが持続していますので、片付ける事がそこまで億劫に感じないはずです。

食前と食後、ここに大きな壁があるのです。

食前に可能な限り使ったものは洗って片付けるようにしましょう。

皿洗いだけは食後しかできません。

これも放置すると汚れがこびりつき落ちにくくなります。

ここだけは最後の気力を振り絞って洗いましょう。

一人分なので、量はしれています。頑張りましょう。

 

最後に

料理は食べる事はもちろん、作る事もやってみると楽しいものです。

楽しく作って、楽しく食べる事を忘れないようにして下さい。

時には、家族や友達に料理を振舞うのもいいものです。

家族や友達が喜んでくれる事を考えながら料理をする事は、料理が上達する一番の近道です。

実家に帰った時には、得意になった料理を振舞ってみて下さい。

思った以上の反応があるはずですよ。

もしかすると、一番喜ばれるのは、皿洗いをする事かもしれませんが。

 

この記事は、学生ハウジング御所西烏丸店の「アカンベーダー」が書きました

来店された際は、自炊の事等、なんでもお聞き下さい

 

学生ハウジング 御所西烏丸店

営業時間 9:30~17:30

定休日 10月水曜、木曜 11月以降水曜のみ(土日祝も営業)

TEL 075-417-3215 FAX 075-451-0808

ラジオネーム アカンベーダー

| ブログトップへ |

月別 アーカイブ

ウェブページ