不動産屋さんのお仕事(その2、提案業務)

こんにちは!こばぴーで~す。
本日も就活や業界研究に役立つ
不動産屋さんのお仕事について、現役スタッフの私が報告しますよ。
前回からオフシーズンと言われること時期に、
一体どんなお仕事しているの?っていう切り口でスタートしたのですが、
本日はオーナーさん(大家さん)への提案業務です。
 
少し横道にそれますが、
賃貸メインのお店にとってのお客さんは、大きく2つあります。
1つはお部屋探しをされる方です。
ではもう1つは?
もうお分かりですね。答えはオーナーさん(大家さん)です。
面接とかで、この手の質問がくればスラスラ答えてね。
この業務は、大袈裟にいうとオーナーさん(大家さん)の資産を守るためのものです。
 
ではでは、提案業務ってどんなものか?
マンションの設備を例にしてお話しますね。
 
マンションの設備って、新築当時は最新式でも
時間がどんどん経っていくと、時代遅れになったり不便さを感じたりするでしょ。
インターネットの回線速度だって、10年前と今じゃ大違い。
しかも有線からWiFiへと、マンションの設備は壊れていなくても
そのままじゃ不利益になったりするです。
だから、設備に限らず、お客さんに指示されるアイデアを提案しないといけないのです。
 
ここに提案業務につかった資料があります。
 
A物件 防犯カメラ導入検討-001.jpg
 
Aマンションはオーナーさん(大家さん)が在住で、
モニター付きのドアホンが設備であります。
でも、オートロックではないので、防犯カメラを付けませんか~と提案しました。
ここで、価格的にAマンションのライバルとなる物件では75%は設置済みという資料を
見ていただくと、
フウフムと聞く耳を持ってもらえます。
 
オーナーさん(大家さん)は経営者なので、出来るだけ費用をかけたくありません。
だから、効果がよくわからないお話は、サパッと却下されちゃいます。
丸腰(何の用意もせず)でお話にいくなんて無謀なことはしちゃ駄目よ。
 
提案業務をより効果的にかつ効率的に行うために、
学生ハウジングではセミナーも開催します。
不動産屋さんもEXCELとPOWER POINTとプレゼンテーションのスキルは
そこそこいるかもです。
 
はいはい、では今回はこのぐらいにして、次回は「物件掲載の業務」です。
お楽しみに~!

| ブログトップへ |

月別 アーカイブ

ウェブページ